ウエスト症候群データベースへのご登録をお願いします!また記事を書いてくださる方も募集中です!

ウエスト症候群〜治療:兵庫医科大学病院について〜

ウエスト症候群〜治療:兵庫医科大学病院について〜

スポンサーリンク

 

 

どうも!ぱんぴーママです。

 

今回は娘がお世話になっている病院を紹介したいと思います。

兵庫県で病院をお探しの方はぜひ参考にしてください。

兵庫医科大学病院

兵庫県西宮市にある大学病院です。

娘は生後すぐより、哺乳不全や活気がない(動かない・泣かない)等の問題がありました。
それらの原因を探る為、出産後すぐから約3週間NICUでお世話になり、
その後は定期検診をして頂いていたため月に1度は通院していました。

 

原因は分からないまま、ウエスト症候群を発症しました。

たまたま兵庫医科大にてんかんの専門医がいた為、そのまま主治医としてお願いすることになりました。

 

設備

病院は全体的に綺麗です。

〜部屋について〜

大部屋は6人1部屋と4人1部屋に分かれています。
乳幼児はナースステーションの近くの部屋になることが多いようです。
基本的には、希望を聞いてもらうことはできません。

ですが、”ACTH治療は長期入院になるから”と看護師長さんの心遣いで空きがあるときは、4人1部屋のお部屋にして頂いたりもしました。
(主治医曰く、ACTH中は免疫力は落ちるが、インフルエンザやノロウイルスといった強い感染力を持つ病気の方と一緒でなければ大部屋でも大丈夫とのことでずっと大部屋での入院でした。)

個室もありますが、別途5,000円程度/日が必要な為、大部屋を希望しました。

長時間脳波を撮る時は、4人1部屋のお部屋になります。

 

〜付添者用の簡易ベッドについて〜

簡易ベッドが有料でレンタルできます。

幅は大人一人がやっと寝れるくらいですので、とても快適とは言えませんが、硬いベッドの上に厚さのある敷布団を敷いて寝ると、意外と寝やすかったです。

長さは、160センチ弱の私であれば、十分寝ることが出来ました。
180センチ以上ある主人だと、足がはみ出てしまっていました。

 

もちろん1泊でもレンタルできますが、長期入院であれば、ベッドはずっと部屋に置きっぱなしで、週に1度シーツ等交換してもらえます。(勝手に持ってきてくれます。)
畳むのめんどくさくて、日中もソファ代わりに使用していました。

料金は忘れてしまいました。
確か1泊500円前後だったかと思います。
1〜14日目までは1泊〇〇円、
その後15日目〜30日目は△△円、
といったように、長い期間付き添いする場合は簡易ベッドの利用料金が安くなっていくような仕組みだったと思います。

1ヶ月超の入院で5,000〜6,000円の支払いだったと記憶しています。

※曖昧ですみません。また調べて更新します。

 

〜面会について〜

基本的には、両親・祖父母のみ面会可能です。
12歳未満?のお子さんは小児病棟に入ることもできません。

 

〜子ども(赤ちゃん)の食事〜

娘は生後すぐより経管栄養をしており、当時はまだ搾乳した母乳をお鼻から注入していました。
搾乳した母乳をナースステーションに持っていくと、24時間以内であれば冷蔵庫で保管してくださいますし、それ以上であれば、持参した母乳パックに入れ冷凍して保管してくださいます。

ミルトンは一つだけ病棟にあります。
ミルトンは持ち込まないで病棟のものを使用するよう言われました。
搾乳器や哺乳瓶を洗って消毒することができます。
(洗剤やスポンジ等ありませんので、用意が必要です。)

電子レンジ消毒器であれば持ち込み可とのことでした。

離乳食であれば、病院のお食事を頼むことになるかと思います。
もちろん有料です。離乳食の持ち込みは厳禁です。

 

〜大人の食事〜

コンビニ(ファミリーマート)
タリーズコーヒー
レストラン
が別階にあります。

レストランは、結構メニューも豊富で日替わり定食がワンコインで食べられたり、1,000円以内で食べられる定食、単品があり、味も中々美味しいです!!
お昼時は混みますので、11時くらいに行かれることをおすすめします。

無料で使用できる冷蔵庫は小児病棟内全ての患者さんで共同で1台あります。
スーパーの袋等に名前を記載して入れておくことができます。
皆さん共同ですので、飲み物とゼリーくらいで、大量に入れられている方はいません。

病棟に生の食材は持ち込み厳禁です。

大部屋でも、匂いがするものでなければ食事してもよいとのことでしたが、ほとんどの方がお部屋ではなく、同階にあるデイルームで食事を取られていました。

そこに電子レンジがあります。
お湯とお茶がでる機械も置いてあります。

 

〜駐車場〜

螺旋状の駐車場で午前中(特に10時前後)は結構混み合います。

 

〜病棟の雰囲気〜

 

看護師さんは皆さん優しい方が多いです。

日勤と夜勤の担当の方の情報共有ができていないことが何度かあったのは気になりましたが、、
これに関しては、ある程度は仕方ないと思います。
看護師さんも一度にたくさんの患者さんをみていらっしゃいますし、どこの病院にいってもありました。
(特にACTH中は、診断を受けて間もなく不安な日々で初めての長期入院ということが重なり、小さなことが気になったり不安になってしまう時期でした。)

 

主治医もお休みの日以外は毎日病室に顔を出して下さいました。

入院中、娘の姿を見ていることがかなり辛くなってしまった日がありましたが、急遽現状確認・説明等をしてくださる機会をその日の夜間に設けてくださったりと、

心のケアもしっかりとして下さいました。

 

スポンサーリンク

ウエスト症候群カテゴリの最新記事