ウエスト症候群データベースへのご登録をお願いします!また記事を書いてくださる方も募集中です!

子育てに大活躍!Amazonエコーの活用術!

子育てに大活躍!Amazonエコーの活用術!

スポンサーリンク

どうも!パンピーパパです!


今回は最近流行っているスマートスピーカである
Amazonエコーの我が家での活用法を発信したいと思います!

最近一般発売も始まり、これからの活用がどんどんと期待されているAmazonエコーですが、

興味本位で買ってみたはいいけどもホコリを被っている、、、

朝にニュースを読ませているだけ、、、

なんてご家庭も多いのではないでしょうか?

 

そんな中、うちでは子育てに大活躍しています!そんな活用法を公開します!

スポンサーリンク

 

パンピーパパはIT企業に勤めるサラリーマンです。

仕事がら新しいツールには目がなくて、すぐに手に入れないと気が済みません。

スマートスピーカーも同様で、Amazon Echoの招待制の販売が始まってからすぐにGETしました。

 

ただ、一般庶民でもお買い求めやすいEcho dotです。

だってデカイのは高いもん…

買ってしばらくしてからは、、、

わけわからんスキルをいれたり

無駄に天気予報を聞いたり

無駄に挨拶してみたり

無駄に買うものリストに登録してみたり

 

 

まぁ最初の感想としては、

こいつ、、まったく使いみちがないやんけ!!!でした。

 


挙句の果てにはテレビの音声に反応して急に話し出すなどと、ビビらしてくる始末…

 


なにか良い使い道は無いものかとネットで調べてもどのサイトも似たり寄ったりのことしか書いてなくて、機能は書いているけど、実際に家でどう使うねん!ってところがわかりにくかったです。

 

そんな中、私達パンピー夫婦にも第2子が誕生し長男2歳、長女0歳の状態に。

その生活の中で!!
Echoが大活躍することに…!!!

 

どうせピカチュウのスキルでも使ってるんでしょ…しょうもな…と思ったそこのあなた!

 

違います!!

 

確かにピカチュウのスキルは使いました。
でもなんだあれw意味がわからねぇwあんなので子供が喜ぶと思うなよ!

 

ってことで前置きが長くなりましたが、早速我が家での活用法を書いていきますね。

 

 

Amazonエコーの子育て活用術

 

 

1:リマインダー

 

え、活用法とか言って所詮リマインダーかよ!!って思うかもしれませんが、、、

そうなんです!リマインダーです!!!

わけわからん完成度の低いスキルを慣れない声で操作する必要なんてないんだ!

別にスピーカーと会話したい訳ちゃうし!


リマインダーをどう使うのかと言いますとね。

そりゃリマインダーだからリマインダーとして使うんですが

携帯のアラームと違って、喋ってくれるんですよね。

 

それってつまり、どういうことかというと

2歳の息子が理解できるってことです。

 

 

うちでは下記のように登録していて、毎日決まった時間に
エコーが喋ってくれます。

 

・○○ちゃん、歯磨きの時間だよ

・○○ちゃん、薬の時間だよ

・○○ちゃん、寝る時間だよ。今日はどんな本を呼んで寝ようか。

・パパが会社に行く時間だよ。

・○○ちゃん、保育園に行く時間だよ。いってらっしゃい。

 

 

これによって息子はエコーがしゃべる=実行するという日々のリズムが出来上がりました。

当然親が毎日決まった時間に言ってあげればいいのですが、

子供が2人となるとなかなか忙しいし、親自身もエコーが言ってくれるから

あ、もうこんな時間か!って気付けるようになりました。

また長女に関してもミルクの時間をリマインダーに登録しておくことで、規則正しく授乳を行うことが出来ています。(長女は訳あって決まった時間にミルクをあげなければいけません。)

ただのリマインダーといえども携帯のアラームとの違いとして
喋ってくれるってのが大きいですね。

 

 ・文字が読めない子供でも理解ができる。

 ・なにか作業をしながらでも自然と耳に入ってくる。

 

 

2:歌が歌える

 

これも、歌?って感じだと思うのですが、

Amazon Ptime Musicって洋楽ばっかりな印象が強かったのですが、実は童謡が結構入ってるんです!

 

2歳ともなると、お話上手で、歌も大好きです。


息子はボタンを押すと曲が流れる絵本が大好きで

自分でボタンを押しては一緒に歌うを繰り返していたのですが、あれって曲が短いんですよね。

 

 

ふと、、「エコー、大きなくりの木の下で歌って」って言ってみたところ

歌うじゃありませんか!(正しくは曲を流してくれるんですけどね)

 

※我が家では子供が言いやすいように、呼び名を”エコー”にしています。

この設定も子育てに活用する上ではおすすめです。標準設定のままだと”アレクサ”です。

少し言いにくい。

 

 

他にも色々と曲が入っていて

 ・大きなくりの木の下で

 ・メダカの学校

 ・どんぐりころころ

 

などなどを「歌って」とお願いするだけで流してくれます。

これはつまり、子供でも曲を流せるんです。

 

2歳児ながらに「エコー、メダカの学校うたって」とエコーにお願いしています。

曲が終わると、「もう一回!」と言って何度もお願いしています。

 

息子は、曲が流れる度に歌いながらダンスをして楽しんでいます。

私達も手拍子で盛り上げています。

 


わざわざスマホでYouTubeで曲を探さなくても声だけですぐに子供と一緒に楽しめます。

たとえ洗い物をしてたとしても

下の子のおむつを変えていたとしても

声だけで出来るのは、パパやママにとっては大助かりですね。

 

 

3:カレンダーと連動

 

AmazonEchoではGoogleカレンダーと同期がとれます。


保育園での行事や予防注射など日をスケジュールに登録しておけば「予定教えて!」というと登録している予定を読み上げてくれるんです。


いや、スマホみて確認したらいいやんと思われるかもしれませんが

ふとした瞬間に声だけで確認できるのがすごい便利!


朝ごはん作ってる間、子供をお着替えさせている間、授乳中などなど

両手がふさがってたり、身動きが取れない状況は子育て中のママやパパにはよくあること!

 

 

そんな中でも予定をしっかりと確認できるのは便利ですね。

 

 

以上、我が家でのAmazonエコー活用法でした。

Amazonエコ−を持っていない人はぜひ買ってみてはいかがですか?

持っていてホコリを被っている人は是非活用してみてください。

スポンサーリンク

ITカテゴリの最新記事